Tanaka & Co., Ltd.

自動車シート縫製
​​​​​​​縫い代調整装置

トップページ

自動車シート縫製
​​​​​​​縫い代調整装置

自動車シート縫製 縫い代調整装置

研究と経験を活かした

自社だからこそ出来る滑らかさ。

座席シートカバー、ヘッドレストカバー、アームレストカバーなど2枚の素材を縫い合わせながら、縫い目と裁ち目のあいだの縫い代それぞれ2枚の長さを調整できる装置です。従来は縫製した後で縫い代を短く始末したり、縫製しながら縫い代を短くカットしても2枚の素材の縫い代を調整することは出来ませんでした。

カバー類裏側2枚の縫い代を段差にすることによって表側の縫い代のアタリが滑らかになり手触りと外観が向上します。貴社工場の総合送りミシンや上下送りミシンを改造して後付けも出来ます。

培ってきた技術を活かした新しい提案

素材を知り尽くした最適な仕上がりを。

自動車だけではなく二輪車や新幹線や飛行機のシートカバーの裏側縫い代それぞれ2枚の長さ調整も出来ます。

​​​​​​​縫製が難しい難素材、高反発や低反発の枕や布団マットレスを粗裁ちした後、仮縫いせずいきなり本縫いしながら直線を維持して縫い代調整も出来ます。 

自動車シート縫製 縫い代調整装置
自動車シート縫製 縫い代調整装置
自動車シート縫製 縫い代調整装置
自動車シート縫製 縫い代調整装置